ベルリッツで世界を広げよう|良い評判の英会話スクール

資格で就職を有利に

アルファベット

近年、企業のグローバル化は進みつつあり、英語が理解できるというのは必要な事になってきました。そして、企業によっては英語が話せることが、採用する条件だと設定している所もあります。つまり英語を理解することは就職活動にも、関係してくる可能性もあるということです。

応募者の英語力を測る際に、応募者の持っている資格を判断材料にする企業もあります。その判断材料となる資格の中にTOEICというものがあります。このTOEICは1級2級などではなく点数方式を採用しています。10〜990点で構成されていて、点数が高いほど企業評価も高く就職に有利だと言われています。

TOEIC対策として有効的なことはさまざまあります。まずは、英語のボキャブラリーを鍛える事が大切だという点です。ボキャブラリーを多く持っていると、英文の理解も進みやすくなります。さらに、分からない英文があっても知っている単語から、文の意味を推測する事も可能です。そして、TOEIC対策は理解力や対策力が必要だと、ネット等では言われています。TOEIC対策としては、過去問を解くというのも有効的です。過去問を多く解くと英語力も身につきますし、TOEICにおけるテストの雰囲気や問題の出題傾向がつかめます。過去問に関しては多くの書籍や、アプリなどもありますので、自分に適したものを見つけることが大切です。

英語の勉強法としては、反復が大切です。人間の記憶は色々な種類があります。それを大きく分けると長期記憶と短期記憶に分かれると言われています。最初に英語を勉強した際は、基本的に短期記憶へと保存され、反復を繰り返すことで長期記憶へと保存されるという意見もあります。反復を繰り返すことで色々と気づくこともありますし、英語力も身につきますのでTOEIC対策の1つとして有効です。